中島裕翔基準、大きく前へならえ

Hey!Say!JUMPの中島裕翔のジャニヲタ備忘録。

◇巷で噂のパーソナルカラー診断に行ってきたの巻

 


 


こんにちはたぴちぇん@です。

巷で話題(完全に個人的に話題なだけ)のパーソナルカラー診断に行ってきました!パチパチパチ!

自分史を覆す診断結果だったので、自分メモ用に!という感じですが診断方法なんかもちょろっと記載しますので興味が沸いたらぜひ受けてみてください。


■まずパーソナルカラーって?

パーソナルカラーとは、その人の生まれ持った色(肌・髪・瞳・頬・唇など)と雰囲気が調和した色(=似合う色)のことです。人それぞれ個性が違うように、似合う色もそれぞれ違います。似合う色を見つける診断のことを「パーソナルカラー診断」と呼びます。

@cosmeより引用


私はインターネットの自己診断ではイエベ秋とか、イエベ春になることが多かったのですが…自分について勘違いしている(現実逃避している)ことが多かったのでプロにビシッっと見てもらうのが一番良さそうです…

■診断までのプロセス

私はとりあえず、なんでもいいのでプロの診断を受けたい!と思いインターネットで

🔎近辺の地名 パーソナルカラー診断

で検索をかけました。

都内だとかなり人気らしく、予約待ちどころか予約すらとれないなんてところも多いです。特に私は土日休みしかないので、早々に諦めて地元から近いところで検索しました。

場所にもよりますがパーソナルカラー診断にもコースがいくつかあり、似合うカラーを診断するコース、メイクアップも教えてくれるコース、一緒に実際に買い物に同行してくれるコースなどありました。

私は、パーソナルカラー診断とメイクアップのコースを選択。

料金はだいたい2時間で15,000円、百貨店とかだと時間も納得いくまでとか、無料でやってくれるところもあるみたいですね。色々探してみることをオススメします!

■当日の流れ

当日、お店に行ってまず記入シートを渡されて、好きな色や嫌いな色、よく着る服の色など軽いアンケートに答えたり、担当してくださる方と色についての会話をしました。


【私の情報】
・好きな色は水色
・嫌いな色は黄色
・よく着るのはグレー、ネイビー、白、黒


ここで、パーソナルカラーについての説明を軽く受けました。今回私が受けた診断は、季節のみならず、さらにその季節のカラーを明るさで4つに分け、合計16分類から自分に合うパターンを見つけるという診断でした。



f:id:you10_7:20180318202512j:plain



説明を聞いたら早速診断開始!

たくさん用意されたカラードレープ。
同じ赤でも、黄色みが強く薄い赤(春)、黄色みが強く深い赤(秋)、青みが強く薄い赤(夏)、青みが強く深い赤(冬)みたいな同系色のドレープを順番に顔の近くに当てていって、どれが一番肌の色が綺麗に見えるかというのを確認しました。

ここで私驚愕。想像以上に色によって顔色が変わるもんで驚く。そして私、黄色みが強ければ強いほど顔が死ぬ。ミカン食い過ぎたの?ってくらいくすむ、くすむ…

地肌が黄色なので、てっきりイエベだと思ってましたが、日本人は黄色人種の時点で黄色いのは普通なのでさほど関係ないらしく、色を当てたときにどう見えるからしい。

知らなかった…結果どの色のドレープを当てても黄色みが強いものは惨敗。真っ黄色なんかもうたまったもんじゃない。

ところがどっこーーい!!
青みが強いドレープ、まじやばい。卍

まさに透明感がでるってこのことでしょってくらい顔がパッ!っとする。しかし冬の深い色味だと目の下のクマが強調されてしまうのであまり向いていなかった。あと真っ黒は顔が険しく見えてしまうのでよろしくなく。

最強だったのはまさに青!って感じの原色寄りの明るい青。ほんと顔面スーパー透明感。

「青に強いです。オレンジは避けた方がいいです。」と言われ。あれ…私オレンジが世界一似合うと思ってたんだけどな…。

ということで1番よかったのは、青みが強く薄い色のサマーの分類の子たち。これが判明した時点で、さらにサマーの分類のどの明るさが似合うかをドレープを当てて比べる。

サマーの分類は

・ライト(一番明るい)
・ブライト(少し明るい)
・ミュート(落ち着いてる)
・クール(色味が強い)

といった感じ。他の季節だとまた名称が違う色味のパターンで分かれてました。

この中でも私に合っていたのはクールでした。明るすぎると顔がぼやけるので、サマーの中ではしっかりしてる色たちが良いとのこと。嘘でしょ…クールって私に世界一似合わない単語だと思うんですけど…と。でもお顔立ちもクールなタイプです。と言われまして、たぶん父親似でつり目気味で骨格が凛々しいのが原因なんですけど。

有村架純ちゃんみたいな子が好きで、それを目指してたんですけどぉ…」と遠慮気味に小声で言ったら一瞬の静止。と、「もっとクールな感じが似合うお顔立ちですよ♪」という回答。

私は有村架純にはなれないようです……

ちなみに、サマーのクールが似合うということは、似たグループに分類されるウィンターのクールも似合うとのことで、1stサマーのクール、2ndウィンターのクールという劇的に青が似合う女であることが判明しました。

ちなみに水色は明るすぎて顔が少しぼやけるからパーソナルカラーではないらしい、青をグレーで少し薄めたような暗い水色ならOKとのこと。でも基本的に青に強いので、スプリングやオータムでも水色系と紫系なら大丈夫とのこと!水色全般セーフってことでいい?!セーフっしょ!(執拗なまでのこだわり)

ただ洋服は元々グレーやネイビーを好むのでニジュウマルとのこと!クローゼット総取っ替えにならなくてすんだので安心。ブラウンやベージュはダメ、着るとしても小豆色までらしく、ことごとく黄色みで顔が死ぬ私であった。


そして似合うアクセサリーの色診断。
ゴールドかシルバーかってとこなんだけど、シルバーのドレープを当てた私、ほんっとシルバー様様!って感じで「あ~これはシルバーですね♪」な展開だったけど念のためゴールドも当ててみることに。

これが酷くてたぴちぇん氏、苦笑

え?マツケンサンバ?と、まぁ顔が浮くというかまさに似合わないって言葉が相応しいほどのゴールドの似合わなさ。色に存在消される所だった…


そしてメイクアップなんですが、これがこれがまぁ驚きの連続。

なんせ私はオレンジとかコーラルピンクがゴリクソ似合うハイパーオレンジマン、まさに私は太陽よ!くらいの心持ちで生きてきたもんですから。

チークもリップもオレンジ系一択。
アイライナーやマスカラはブラウン系一択!

だがしかし、下地はパープル系、チークやリップも「ローズ」という名前が入った青みの強いピンクや赤がいいとのことで、もう驚愕。アイシャドウもローズ系の深みのあるブラウンかグレー、ネイビーのアイシャドウもOKとのことで一番似合わないと思って避けてきた色たち。タイプじゃない男達に突然言い寄られた並みの困惑。ギャアアア

でもほんとに、下地はパープルにして、チークとシャドウをパープル系にしたらびっくりするくらい、もう私このまま消え死ぬんじゃねぇのってくらい透き通ってビックリ。(良い意味です)ただ私の取り柄であるハイパワー元気ちゃん感は薄れる。性格と顔が合わなくてとりあえず「まじかーww」と笑うしかない、語彙力を失ったたぴちぇん氏。

アイラインも無難にブラックか、グレーかネイビーにすると瞳の色が綺麗に見えるとのことでグレーのラインを引いてもらうことに。

いやーーーもうね、カラコンいらないね!うるうるしてるように見えたよ。そしてカラコンの話をしたらカラコンもグレーかローズピンクが良いとのことで。えぇ、絶対似合わないと思ってたのに…の連続。

と、まぁ完成したたぴちぇん氏は完全に清楚な女になってしまいました。路線変更の時が来たのか?


最後に質問はありますか?とのことで、服の色の決め方や似合う髪色を聴取。

服の色はやっぱりパーソナルカラーを顔の近く、それ以外はバッグなどの小物で顔から離した位置に、という話で、髪色はローズブラウンなどでした。とりあえず黄色みの強い茶髪とはサヨナラしようと心に決めました…

そんなこんなで衝撃を隠せないまま診断終了!


■感想


まず私は、自分を自分の都合のいいように解釈してました。
まず肌が黄色い=イエベという認識だったこと、あと自分は有村架純ちゃんのような柔らかいタイプのフェイスだと思ってたこと(解せぬ)、性格的な問題でオレンジが世界一似合うと思っていたところ。などなど。これらの勘違いがインターネットでの自己診断の結果に繋がっていたんですね。全然違いました、いや、今でも私はオレンジが似合うと思っています(しつこい)

ただ、苦手だと思い込んでた色が全然行ける色だということが判明したのですっごく幅が広がった感じがします!

これは現場で各担当コスプレをするくらい、雰囲気が定まらずにコロコロ系統変えて出現する私にとっては大収穫。

これからも色んな私で生きていきたいと思います!

ではでは、あまりうまくまとまっていませんが、このへんで。



☆★ベストジーニスト、ぜひとも中島裕翔に投票お願い致します!★☆

投票はコチラから↓
Best-Jeanist ベストジーニスト - 日本ジーンズ協議会公式サイト